top of page
Lakewood Guitars A-14 Crossover Custom Cedar

Lakewood Guitars A-14 Crossover Custom Cedar

SKU: 127-00-A14COC

2024/6/12~2024/6/30までの"Acoustic Island 決算 SALE"価格にて放出いたします!!

通常販売価格¥359700(税込)→決算 SALE 特別プライス¥287760(税込)


-Natural Series-はLakewoodのルシアーが『自然をかたちにすること』を掲げ一切の妥協を許さず製作され、"自然な美しさ、心地よさ、調和のとれた形、そして揺らぎ輝く音色・・・"を実現したシリーズです。

このA-14 Crossover Customはスティール弦モデルのシェイプにXブレーシング、クラシカルなブリッジを採用しています。

 

通常一般的なクラシックギターにはファンブレーシングが採用されていますがXブレーシングを採用することでスティール弦モデルに慣れ親しんだプレイヤーにも馴染みやすいサウンドになっています。
 

またオーディトリアムシェイプとXブレーシングの組み合わせから一般的なクラシックギターにありがちな3弦の"籠り"が無く高音域にハリがありつつもシダー特有のまろやかさも感じられます。

スチール弦ギタープレイヤーの持ち替えでも馴染むようナット幅は48mmと通常よりも狭く設計しています。

オーディトリアムシェイプによりウェストが一般的なクラシックギターよりも深く、Xブレーシングも相まってレスポンスのいいナイロンサウンドが特徴的です。
ポップミュージックやラテン・ボサノバのジャンルにその威力を発揮します。

ナイロンサウンドを求めるスチール弦ギタープレイヤーの持ち替えに勿論オススメですが、レスポンス重視や一風変わったモデルやナット幅狭めをお探しのクラシックギタープレイヤーにもオススメです。

こちらのモデルはLakewood Guitarsの輸入元である中林貿易様のカスタムオーダー品となっておりオーダーのスペックシート付です。

Hiscox Casesのハードケースが付属いたします。

-SPEC-
・ボディシェイプ:オーディトリアム
・トップ材:AAAシダー
・サイド材:マホガニー(スタイル14)
・バック材:マホガニー(スタイル14)
・ネック材:セドロ
・指板:エボニー
・ブリッジ:エボニー
・ナット材:牛骨
・サドル材:牛骨
・ペグ:Der Jung Classic
・スケール:650mm
・ナット幅:48mm
・ピックアップ:なし
・塗装:ラッカーサテンフィニッシュ


--Lakewood Guitarsとは-

Lakewood Guitarsはマーチン・ゼーリガー(Martin Seeliger)氏により1986年に創業され、ドイツのフランクフルトから北へ50kmほど先のヘッセン州のギーゼンに工房を構えています。

90年代初頭より日本に輸入され、ヨーロピアン・スティール弦アコースティクギターとして広く知れ渡り、大塚まさじ氏、故高田渡氏、韓国のチョン・スハン氏(Sungha Jung)などの数々のアーティストに愛用されています。
現在もフィンガースタイルをはじめとしたさまざまなプレイヤーからの信頼を確かなものとしています。
長年にわたる伝統を継承しつつ新しい技術を積極的に取り入れており、非常に美しい外観とどこかクラシカルな音色でありながら繊細かつダイナミックな演奏にも対応できるのがLakewood Guitarsの特徴です。


-木の材料について-

Lakewood Guitarの木部材料はトップはもとより、サイド及びバックとも全て単板です。
木材は板状に処理された後、最低2-3年間、湿度45%に維持された材料室に保管されます。


-製作過程について-

まずトップとバックを整形し、フレーシングを施します。
トップはテンションを得る為、自社開発のプレスにより若干のアーチがかれられています。
トップのプレーシングはいわゆる”X”型です。グランド・コンサート・スタイル(M)はこのXブレースにスキャロップを施してあります。

サイドの単板は、加熱されたスチームで曲面化され、木型の中でブロックやライニングを接着した後、トップとバックを接合しボディーが形成されます。

上記に並行してネックが作られます。ネックのジョイントは現在では所謂ボルトオン方式です。
ヒールの後ろ側、指板の下部にネックの一部がブロック状に延長されており、このブロックがボディ内部のアッパー・ブロックの溝に食い込む様に接合されます。
この方式のネックジョイントは強力で、ネックのトラブルのないギターを実現しています。
ネックの仕込み角度は89.75度に調整されています。

ボディとネックが完成した後、塗料が剥がされて、ブリッジが取り付けられます。
これは、駒浮きと呼ばれるトラブルを回避する方式であると共に、振動伝達に優れています。
塗装はラッカー(Polyurethane Lacquer)仕上げです。サテン・マットの場合は8-10回、グロスの場合は実に12-14回の塗装回数と、薄く丁寧な塗装がなされ、ギター全体の音響的振動を殺すことなく、美しい外観を与え、保護します。


※画像はサンプルになります。モニターの発色の具合等により、実際の物と色味が異なる場合がございます。
予めご了承下さいませ。

    ¥359,700 通常価格
    ¥287,760セール価格
    消費税込み
    在庫残り1点
    bottom of page