Tears LOGOのコピー.jpg

NEWS

TJ-45 Series

ビンテージスタイルの追究がTears TJ-45シリーズの魅力となっている。

あの時代のギターやサウンドを鮮明に思い出させてくれる。

このギターを手にした人であれば、そのコンセプトを実感できるに違いない。

ブレーシングレイアウトの基本構造は同じとするものの「50年代仕様」と「60年代仕様」の2種類を用意している。

50年代仕様にはいわゆるスキャロップ加工を加えたことで、軽やかで広がりのあるサウンドを可能にしている。

逆に60年代仕様にはノンスキャロップを採用しており、武骨でありながらもはっきりとしたコード感のあるサウンドが楽しめる。また、搭載されているHighlander PUによりギター本来のサウンドをそのままアンプへ出力することが可能。

Tears TJ-45 50's

トップ材:シトカ・スプルース
サイド材:マホガニー
バック材:マホガニー
ネック材:マホガニー
指板:ローズウッド
ブリッジ:ローズウッド
ボディバインディング:CABホワイト
指板バインディング:×
ナット材:水牛骨(Birdland製)
サドル材:水牛骨(Birdland製)
ブリッジピン:水牛骨(Birdland製)
PU:Highlander IP-1V
ペグ:Birdland Original 3連ペグ ブラス
スケール:628mm
ナット幅:42mm
12F幅:53mm
ボディ厚:124mm​

​予想販売価格:220,000円(税別)

TearsのオールドスタイルギターTears TJ-45 Series。こちらは杉山清貴氏も愛用しているモデルで、ノンスキャロップブレーシングとなっております。スキャロップブレーシングのモデルに比べてブレーシング材が太くしっかりとトップ材を支えている為、柔らかく暖か味のあるサウンドと言うよりは、ストロークプレイでの低音の力強さやコード感に優れた仕様です。
ネックの厚さはそこまで分厚いという訳ではなく、Uシェイプを採用。握り心地の良いオールドスタイルなネックシェイプに仕上がっています。また塗装は極薄のラッカー塗装に仕上げており、質感はまさにビンテージギター。湿度による木材の保護のみを目的とした超極薄なラッカー塗装はルックス以上にジャンボスタイルらしい大胆でパンチのある鳴りを奏でます。ナット材、サドル材、ブリッジピンには水牛の骨を使用。特にブリッジピンに関しては、殆どのメーカーがプラスチック素材を使用していますが、Tearsでは質量の多い水牛の骨を使用しております。質量の多さは低音の出方に大きく影響を与えます。

PUにはアメリカ製のHighlander IP-2を搭載。非常に高いレベルでの取り付け作業が要求されるPUですが、職人による手作業でのインストールはこのギターの高いピッチの安定性に繋がっています。

Tears TJ-45 60's

トップ材:シトカ・スプルース
サイド材:マホガニー
バック材:マホガニー
ネック材:マホガニー
指板:ローズウッド
ブリッジ:ローズウッド
ボディバインディング:CABホワイト
指板バインディング:×
ナット材:水牛骨(Birdland製)
サドル材:水牛骨(Birdland製)
ブリッジピン:水牛骨(Birdland製)
PU:Highlander IP-2
ペグ:GOTOH製
スケール:628mm
ナット幅:42mm
12F幅:53mm
ボディ厚:124mm
カラー:3TS、CS

予想販売価格:220,000円(税別)

TearsのオールドスタイルギターTears TJ-45 Series。こちらは杉山清貴氏も愛用しているモデルで、ノンスキャロップブレーシングとなっております。スキャロップブレーシングのモデルに比べてブレーシング材が太くしっかりとトップ材を支えている為、柔らかく暖か味のあるサウンドと言うよりは、ストロークプレイでの低音の力強さやコード感に優れた仕様です。
ネックの厚さはそこまで分厚いという訳ではなく、Uシェイプを採用。握り心地の良いオールドスタイルなネックシェイプに仕上がっています。また塗装は極薄のラッカー塗装に仕上げており、質感はまさにビンテージギター。湿度による木材の保護のみを目的とした超極薄なラッカー塗装はルックス以上にジャンボスタイルらしい大胆でパンチのある鳴りを奏でます。ナット材、サドル材、ブリッジピンには水牛の骨を使用。特にブリッジピンに関しては、殆どのメーカーがプラスチック素材を使用していますが、Tearsでは質量の多い水牛の骨を使用しております。質量の多さは低音の出方に大きく影響を与えます。

PUにはアメリカ製のHighlander IP-2を搭載。非常に高いレベルでの取り付け作業が要求されるPUですが、職人による手作業でのインストールはこのギターの高いピッチの安定性に繋がっています。

Tears TJ-45 AJ Series

トップ材:シトカ・スプルース
サイド材:マホガニー
バック材:マホガニー
ネック材:マホガニー
指板:ローズウッド
ブリッジ:ローズウッド
ボディバインディング:CABホワイト
指板バインディング:×
ナット材:水牛骨(Birdland製)
サドル材:セラミック
ブリッジピン:プラスチック
PU:×
ペグ:GOTOH製
スケール:628mm
ナット幅:42mm
12F幅:53mm
ボディ厚:124mm
カラー:3TS、CS

予想販売価格:190,000円(税別)

TearsのオールドスタイルギターTears TJ-45 Series。こちらは杉山清貴氏も愛用しているモデルで、ノンスキャロップブレーシングとなっております。スキャロップブレーシングのモデルに比べてブレーシング材が太くしっかりとトップ材を支えている為、柔らかく暖か味のあるサウンドと言うよりは、ストロークプレイでの低音の力強さやコード感に優れた仕様です。
ネックの厚さはそこまで分厚いという訳ではなく、Uシェイプを採用。握り心地の良いオールドスタイルなネックシェイプに仕上がっています。また塗装は極薄のラッカー塗装に仕上げており、質感はまさにビンテージギター。湿度による木材の保護のみを目的とした超極薄なラッカー塗装はルックス以上にジャンボスタイルらしい大胆でパンチのある鳴りを奏でます。ナット材、サドル材、ブリッジピンには水牛の骨を使用。特にブリッジピンに関しては、殆どのメーカーがプラスチック素材を使用していますが、Tearsでは質量の多い水牛の骨を使用しております。質量の多さは低音の出方に大きく影響を与えます。

PUにはアメリカ製のHighlander IP-2を搭載。非常に高いレベルでの取り付け作業が要求されるPUですが、職人による手作業でのインストールはこのギターの高いピッチの安定性に繋がっています。