• 佐々木

吉川忠英氏サウンドシステムご紹介!!


スタジオミュージャンとして数多くのアーティストのレコーディングに参加し、個人でもソロギタリストとして素晴らしいフィンガープレイを見せる吉川忠英さんからの依頼でハイランダーPUのシステムをさらに向上させました♪

と言うのも通常のハイランダーIP1ではブリッジ・イン・ピエゾのみの1PUの仕様で、ボリュームやその他のEQがコントロールできないのが基本です。

これはハイランダーPU自体に非常に優れたPreampが搭載されている為、アンプのセッティングを多少いじる程度で理想的なアコースティックサウンドが出せるからです。

そこからさらに自分なりのサウンドを作っていきたいと言う方は新たにPreampを用意し、より理想的なサウンドを作っていく事になります。

今回吉川さんのギターに搭載したPUシステムはハイランダーPUにボリュームとトレブル、ベースを追加しサウンドホールに円盤型のPotを搭載した事でそららのコントロールを手軽に動かせるようになっております。

テクニカルなフィンガープレイではトレブルを上げる事で煌びやかなサウンドになりアタック感も向上します。

ベースに関してはストロークプレイでの全体の音域に安定感をもたらします。

使用するギタリストの好みに合わせて手元のコントロール部を動かせるのでより素早く、より簡単にハイランダーのサウンドを操作できるようになったのが今回のシステムの特徴と言えます!!

もちろんハイランダーに合わせてのセッティングな為、ボリューム、トレブル、ベースのマッチングには自信ありです♪

なぜなら吉川さんのギターに、このサウンドシステムを搭載するのは2回目だからです!!1本目はTearsのSJ-RKに搭載し好評を頂いた為、今回はTears TLG-2への搭載依頼がきました♪

まだ正式な商品化まで話はいっておりませんが、吉川さんと同じサウンドシステムにしたいと言う方がいましたらバードランドが対応いたしますよ!!

バードランド ショールーム→http://birdlandguitars.com/about ハイランダーPU HP→http://birdlandguitars.com/highlander/ Tears Guitar 商品ページ→http://birdlandguitars.com/tears/ 吉川忠英氏 HP→http://chuei-yoshikawa.com/


0回の閲覧